Datagridview rowvalidating e cancel

06 May

I'd appreciate your thoughts (and anyone else's) as to why I see only the Row Validating and not the Mouse Click, given what you said.

In the meantime, I will look at the "leave" events as you suggested.

NET in VS2010 it seems that when you close a Win Form the "Row Validating" event of the Data Grid View on that form behaves differently depending on whether the form is MODAL or NON-MODAL.

What we did was open the form (MODAL and NONMODAL) and changed a value of a cell and then immediately clicked the "X" to close the form.

My problem is that when I click into it and then I change my mind and want to cancel edit of the current row these validating methods won't let me do that if it's the first row, it seems to work when there is already some valid rows, but when it's the first it won't let me change the focus to something else.

So my question is how can I have both validation and the ability to cancel edit of the datagridview row?

datagridview rowvalidating e cancel-77

Please, could you elaborate a bit more and describe in detail what you want to achieve. I have a grid with values in it; quantity, price, discount (%), unit price.The issue appears to be that Cell Formatting is not called when the DGV updates it's internal list and builds the rows, or at least it's not called before the validating event is fired.I've seen several posts here and on other sites that are similar to my question/problem, but have never really seen anything directly on-target and with a good answer (if I missed one in my search, please point me to it! Please forgive me if this is long, but I want to give as complete/accurate a descriptions as I can... I have a Windows form with side-by-side datagridviews (dgd Applications & dgd Eligible Files).Of course if there is an issue I Cancel the validation and the row is not committed.This all works fine when the user is editing and adding rows through UI interaction, but creates a problem when the Data Source is set. Row Validating, Address Of Row Validating Handler frm. Row Validating, Address Of Row Validating Handler End Try End Sub Sub Data Grid View Test Modal() Dim frm As New Form Dim dtable As New Data Table() dtable. For more information about handling events, see NIB: Consuming Events. However, I am not sure that I fully understand your scenario. Regards, Jack the Telerik team I think I am looking for the same effect.さて、そんな訳で、時間ができたので、Visual Basic Power Packsに入っている、Data Repeaterコントロールのお話をしよう。 別に興味ない人は読み飛ばし推奨。 さて、このコントロール、まぁ、検索でここにたどり着いた人たちは言うまでもない訳で、そういうコントロールです。どういうだよ。っていうか、説明が面倒くせぇよ、説明なしな! で、このコントロール、結構、癖があって使いにくいです。 データバインドされたコンボボックスのデータを表示すると、他の行のコントロールと連動して表示がかわっちゃうとか、Data Tableバインドしていて、Not Nullなカラムがあると、次の行に行ったときに、Data Errorが起こるとか、制御がすげぇ面倒くさい。 とりあえず、使う上で、いくつかのポイントをあげておきます。 まずは、「コンボボックスは手動でやるしかない」の話ですが、Listに対してデータバインドされたコンボボックスは、その内容がData RepeaterのItem Cloningでコピーされないようなので、手動でやるしかありません。と言うわけで、そのタイミングは、Item Clonedです。 実際、Item Templateに置かれたコンボボックスのリストにバインドするタイミングにもよりますが、これがLoadのタイミングとかでバインドされているなら、Item Clonedで、データをこぴーすればいいでしょう。サンプルは以下です。動かしていないので、動かないかもしれません。 「はっつけたコントロールの、Data Bindingsプロパティの要素の一部はコピーされない」の件ですが、たとえば、データソース側がDate Time型だったりして、Allow DBNull=falseだったりすると、普通は、Parseとか、Formatにイベントをつけるわけですが、これ、つけてもコピーされないのです。まぁ、これは仕方がないので、Text BoxのValidatingのタイミングとかで、必須なら、Text Lengthを見て、Cancel Event ArgsのCancel=trueにするとかしかないかもしれません。まぁ、使いやすいかどうかはともかく。 「Item TemplateのValidatingは、複数回呼ばれることがあるので、気をつけないとだめ」は、まぁ、僕の使っているオリジナルのコントロールがいけないんでしょうが、実装の仕方によっては、そういうこともあるかもしれないので注意してね、という話です。まぁ、やり方次第でなんとでも制御できるので、がんばって制御しましょう。 「追加のためのメソッドであるAdd Newは、結構、使いづらい」は、もう、そのまんま。これ、超使いづらいです。っていうか、行追加周りとか、マジ、自分のところの開発者の力量とか、普段使ってるコントロールとかにあわせて拡張した方がいいです。 Microsoftのコントロールは、基本、万人向けにデザインされているので、ぶっちゃけ、1000万人の人たちに向けて作られたモンは、あなた、またはあなたの会社のメンバーには合わない。 よい子はこのあたりは拡張して、自前でいろいろ制御した方が、安定したコントロールになると思います。できない事が多いコントロールというのは、ある意味、生産性を向上させる事ができるはずですので。 「データバインド後に、Reset Bindingsを呼ばないと、いろいろ変なことになったりする」は、まぁ、そのまんまです。リストにデータバインドされたコンボボックスとかがあったりすると、データバインドされたあと、項目が再選択されなかったりするので(そりゃそうだ、先にも言ったように、Clonedのタイミングで、要素がコピーされていないんだもの)、呼び出しし直さないと、選択が正しくならなかったりします。 いや、なかなか難儀なコントロールです。 使いづらい。 そんなわけで、Data Repeaterコントロールを、自前で拡張してみます。 ちょっと、コンパイルして動かす環境がないので(DBないねん)、動かしてはいないですが、実際に僕が作ったコントロールで、使えそうな部分だけ、抜粋して掲載します。 あ、そういえば、スクロールがどうこうって、検索していた人がいたな。スクロールは、Scroll Item Into Viewですよ。 using System; using System. I have a datagridview with Cell Validating and Row Validating events handled.